東京五輪への「受動喫煙防止対策」始まる

H14年に施行された【健康増進法】により、国は<受動喫煙>対策に本格的にのりだしました。
この法律に<受動喫煙の防止>として、不特定多数の人が利用する施設・工作物では、管理者は「受動喫煙を防止するために、必要な措置を講ずるように努めなければならない」と施設管理者に対策を義務付けましたが、罰則をともなわない「努力義務」にとどまっているため、まだ、多くの施設等で充分な防止策がとられていません。
対象となる施設の場所は【各種施設の主要用途部分・待合室・応接室会議室・休憩室・洗面所・廊下・階段室・出入り口等】となっておりほぼ施設を網羅しており、また独自に「路上喫煙の禁止」を制定している自治体も多く見られます。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた、受動喫煙防止対策強化の方針を打ち出し、関係省庁による検討を始めました。政府は国際オリンピック委員会(IOC)などが、「タバコのない五輪」を打ち出す中、東京五輪に向け対応を本格化し、今後、全面禁止や分煙などの施設ごとの対策の在り方を協議します。
すでにロシアや北京などでは五輪開催を機に罰則付きの法律制定などの受動喫煙防止対策を進めた国や都市があります。新法では未対策の施設・店などに罰則を課す方策も検討されるとの話もあり、従来より一段と踏み込んだ内容となりそうです。
東京都内の飲食店などでは、賑わう時間帯を<喫煙可>にしたりする店舗などもあり、受動喫煙被害から更に「三次喫煙被害」などへの被害防止への意識を疑う店舗も散見されます。
多くの国の人が集うオリンピック、会場や街中でも”クリーンなおもてなし”で迎え、【きれいな空気の日本を,東京を】楽しんでいただきたいものです。

 

 


ReN(れん)の4つの資材は室内の化学物質を分解除去するなど、8つの優れた効果を発揮します。

ReNの4つの資材

抗酸化作用の塗料や珪藻土を壁に塗ったり、抗酸化ウォーターを天井や壁に吹き付けたり。

ReNの4つの資材を使うことで室内の空気環境を大幅に改善出来ます。

新築・リフォームどちらでも施工可能、ビニールクロスの上にも施工できます。

 

特にリフォームには最適!

 

これで空気はきれいになります!

 

ReN(れん)の優れた効果

・化学物質分解  ・空気清浄効果  ・抗酸化効果  ・消臭効果

・断熱効果    ・防音効果    ・調湿効果   ・結露防止

 

商品構成

詳しくは商品構成ページをご覧ください


室内空気環境改善サービス

住宅まるごとやご希望のお部屋やキッチンなどをReN(れん)ウォーターを使いきれいな空気に

ReN(れん)ネットでは、個人のお宅や商店、介護施設、病院などの空気環境を改善するため、「空気環境改善サービス」を行っております。

 

ReN(れん)ウォーターを噴霧することで、有害化学物質を減衰させます。

※このサービスではホルムアルデヒドを施工前、施工後に測定し、もし国の指針値の0.08ppm以下にまで減衰していなかった場合は、指針値以下になるまで、責任をもって施工いたします。


ご興味のある方はこちらのページを御覧ください。


お問い合わせ
資料請求