化学物質過敏症

シックハウス症候群は、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患による症状や化学物質による中毒も含まれます。

 

一方、化学物質過敏症は免疫とは直接関係のない「微量の化学物質に反応する、非アレルギー性の過敏状態」で、「何かの化学物質に大量に曝露されたり、または、微量だけれども繰り返し曝露された後に、発症する」とされています。

しかし、発症の仕組みなどについてもまだはっきりとした事はわかっておらず、専門家の間でも意見が分かれています。

 

化学物質過敏症において「いつ、どこで、どの化学物質のせいで発症したか」を確定するのはかなり難しいことですが、「アレルギー疾患をもともと持っている人が悪化しやすい」とは言われております。

 

化学物質過敏症はアレルギーなどに比べても、はるかに少ない量の化学物質に反応することがあり、ホルムアルデヒド0.08ppm以下の濃度でも、反応し発症者もいます。

 

化学物質過敏症の症状

障害 症状
自律神経障害
発汗異常、手足の冷え、易疲労性
精神障害
不眠、不安、うつ状態、不安愁訴
抹消神経障害
のどの痛み、渇き
消化器障害
下痢、便秘、悪心
眼科的障害
結膜の刺激的症状
循環器障害
心悸亢進
免疫障害
皮膚炎、喘息、自己免疫疾患

化学物質過敏症の中でも重症の方は、身の回りの多種類の微量化学物質に反応するため、絶え間なく症状に苦しみます。

着られる服がない、使える生活用品がない、食べるられれものを探すのも大変な苦労です。

また、家の周囲の環境も問題です。近隣での住宅の新築・リフォーム工事での化学物質放散や、合成洗剤の使用、近隣の庭や農地でのごみ焼却や、庭・農地・森林などでの農薬散布などは発症者にとって脅威です。

 

化学物質過敏症の発症者は化学物質ができるだけ少ない環境への転地療養を切望しています。

転地療養は回復を早める最善の方法ですが、転地療養がままならぬ発症者が多くいます。

そのため、まず自宅の空気環境の改善が必要です。

自然素材を使った資材でのリフォームなどで空気環境は改善しますので、転地療養が困難な場合には、リフォームも手段の一つとして検討されるべきです。

 

シックハウス症候群と化学物質過敏症

シックハウス症候群
化学物質過敏症
新居・学校などで起こる健康障害
微量の化学物質に反応する、非アレルギー性の過敏状態

皮膚や眼、のどの痛み、かゆみ。

頭痛やだるさなどの症状

どんな病気なのか、はっきり分かっていない
カビ、ダニなどの免疫系、化学物質が原因
患者には中毒や、アレルギー症状を持つ人が多い
下矢印

      対策    ・環境改善  ・対症療法  ・体調管理


化学物質過敏症の潜在患者数

化学物質過敏症の潜在患者は国立保健医療科学院の2000年の調査では、日本全国で人口に占める割合は【可能性が高い 0.74%】【可能性がある 2.1%】に達していると言われております。

また成人を対象に行った調査から全国で約70万人と推計され、子どもを含めると約100万人とも言われています。


化学物質過敏症 発症者の反応を引き起こす主な化学物質

発症者の90%以上に症状が出るもの

・家庭用殺虫

・殺菌

・防虫剤類

 

発症者の80%以上に症状が出るもの

・香水などの化粧関連用品類

・衣料用洗剤類

・防臭

・消臭

・芳香剤類

・タバコの煙

・シャンプーなどのボディーケア用品類

・灯油などの燃料類

・ペンなど筆記用具類

・印刷物類

 

ほか、発症者が反応するもの

・新建材などの資材

・塗料から放散される化学物質

・排気ガス

・電磁波

・においが強い天然ものなど

 

シックスクール

シックハウス症候群が自宅が原因なに対して、子供にとって安全であるべき学校の環境が原因で、子どもや教職員が化学物質過敏症を発症したり、すでに、化学物質過敏症やアトピー、アレルギーになっている症例が悪化するケースです。 

 

床に塗るワックスや教材から揮発する化学物質、机・椅子から放散される化学物質、教職員のタバコや香水、校庭の樹木に散布される殺虫剤などに反応して、症状が出ています。  

 

 シックスクールは一部の過敏な子だけの問題ではありません。

化学物質過敏症の典型的な症状の一つに、「集中力・思考力が欠けて落ち着きがなくなる、感情を制御しづらくなり怒りやすくなる」というものがあります。

化学物質に曝露されると「キレる」子ども(大人にも)が現実にいます。

 

化学物質過敏症の予防

●家そのもので注意すべき点

・自然素材、無垢材の使用

・有機溶剤を使用した接着剤や塗料の使用を避ける。

・合板の使用は極力避ける。

・下地材、仕上げ材の化学物質を除去する。

※リフォームの際にはこれらの事に注意して設計・施行を行って下さい。

 

●生活する上で注意すべき点

・室内空気を汚さない。

・換気の励行。噴霧式・スプレー式殺虫剤、芳香剤、消臭剤は使用しない。

・衣類防虫剤は使用しないか、密閉容器中で使用。

・あらゆるスプレー類は使用しないか戸外で使用。

・合成洗剤はやめて石けんに。

・適度な運動で汗をかく。

・食品は安全性に注意。

 


ReN4つの資材は化学物質を分解除去するなど8つの優れた効果を発揮します。

ReNの4つの資材

抗酸化作用の塗料や珪藻土を壁に塗ったり、抗酸化ウォーターを天井や壁に吹き付けたり。

ReNの4つの資材を使うことで室内の空気環境を大幅に改善出来ます。

新築・リフォームどちらでも施工可能、ビニールクロスの上にも施工できます。

化学物質を分解するReN(れん)の資材は、化学物質過敏症やシックハウス症候群んいも有効です。

 

特にリフォームには最適!

 

これで空気はきれいになります!

 

ReN(れん)の優れた効果

・化学物質分解  ・空気清浄効果  ・抗酸化効果  ・消臭効果

・断熱効果    ・防音効果    ・調湿効果   ・結露防止

 

商品構成

詳しくは商品構成ページをご覧ください

 


ReNウォーター空気クリーニング

住宅まるごとやご希望のお部屋やキッチンなどをReN(れん)ウォーターを使いきれいな空気に

ReN(れん)ネットでは、個人のお宅や商店、介護施設、病院などの空気環境を改善するため、「ReNウォーター空気クリーニング」を行っております。

 

ReN(れん)ウォーターを噴霧することで、有害化学物質を減衰させます。

※このサービスではホルムアルデヒドを施工前、施工後に測定し、もし国の指針値の0.08ppm以下にまで減衰していなかった場合は、指針値以下になるまで、責任をもって施工いたします。

 

ご興味のある方はこちらのページを御覧ください。

 

 


お問い合わせ
資料請求