たばことPM2.5

タバコを吸う男

日本禁煙学会は平成252月に「日本では国内の受動喫煙が最大のPM2.5問題」とする提言を発表しました。たばこの煙もいま話題のPM2.5です。

 

たばこの三大有害物質のタール・ニコチン・一酸化炭素のうち、タールには発がん性物質や発がん促進物質などが含まれ、一酸化炭素には動脈硬化を促進する作用があるとされています。

 

たばこの煙には喫煙者が吸う「主流煙」と、たばこが燃えることにより発生する「副流煙」があり、非喫煙者はこの両方から影響を受けます。

副流煙には、主流煙よりも多くのタール・ニコチン・一酸化炭素・窒素酸化物等、多くの有害物質が含まれ、アルカリ性のため、目や気道について、刺激性が高いという特徴があります。

 


たばこの煙もPM2.5

たばこの燃焼によって発生する煙もPM2.5で、禁煙でない日本の飲食店内のPM2.5は、200800μg/㎥に達するとのことです。この数値は最近話題の中国北京市のPM2.5400900μg/㎥と同じレベルです。

 

PM2.5の主成分は、元素状炭素(いわゆる黒スス)、有機炭素(芳香族炭化水素などの発ガン物質等)、硫酸イオン、硝酸イオン、アンモニアなどの化学物質と重金属で、タバコの煙も含まれています。

大気中のPM2.5より、タバコの煙の方が有害性が高く、タバコの煙の中には70種類に近い発ガン性物質があるといわれています。

 

アメリカ環境保護局による屋外大気の質分類では6段階に空気質レベルを設定しています。

 良好   :015μg/

 許容範囲 :1640μg/

 弱者に危険:4165μg/

 危険   :66150μg/

 大いに危険:151250μg/

 緊急事態 :251~μg/

 

また、世界保健機構(WHO)によりPM2.51μg/㎥増えるごとに、全死亡率が0.10.6%増加することが分かっています。タバコの煙のレベルは<大いに危険>のレベルを超え、いかに人体に悪影響を与えているかが分かります。

 


 

飲食店などのPM2.5濃度

また日本禁煙学会はHPに、次のように「日本の様ざまの飲食サービス業店内(車内)のPM2.5濃度」を掲載しています。

 全面禁煙のコーヒー店    8μg/

 非喫煙家庭       17.8μg/㎥ 

喫煙家庭        46.5μg/

  自由喫煙パチンコ店  148μg/

 不完全分煙禁煙席   336μg/

 不完全分煙酒屋喫煙席 496μg/㎥ 

自由喫煙居酒屋    568μg/㎥ 

タクシー喫煙一人  1000~μg/

 

このPM2.5の濃度を見ると、国(環境省)のPm2.5基準値は「1年平均が15μg/㎥以下であり、かつ、1日平均値が35μg/㎥以下」としていますが、喫煙家庭ではその基準値を超えており、PM2.5が非喫煙家庭より30μg/㎥多く、WHOのデータを当て嵌めると全死亡率が18%増加することになり、副流煙による受動喫煙での家族への影響は深刻です。

特に妊娠中の胎児や乳幼児へ与える悪影響は、その成長過程や体質にも及びます。

 

国立がん研究センターの推定では、受動喫煙で死亡する人は年間6800人に達するとしています。この意味でも、まだ分煙・禁煙が徹底されていない飲食店・個人住宅での禁煙対策が急務です。


 

 

副流煙などの受動喫煙に注意を!

一般家庭の他に、自由喫煙店や不完全分煙店で働く従業員は、高濃度PM2.5の空間で長い時間仕事をするため、「副流煙」からの健康への影響が非常に懸念されます。

店舗施設等では、直接原因である喫煙を100%禁止することが一番の対策ですが、止むを得ない場合、店舗施設によっては高機能の空気清浄器を、複数設置など行っていますが。受動喫煙を完全には防止できません。

 

神奈川県、大阪府など一部地方自治体では、「受動喫煙防止条例」等を制定し、公共施設などでの全面禁煙や、飲食施設等での禁煙又は分煙の義務化が進み始めています。今後ますますこの流れは全国的に広がると思われます。

 

中国からの飛散するPM2.5ばかりに話題がいっていますが、【たばこの煙もPM2.5】を

忘れてはなりません。

 

 

ReN(れん)の4つの資材は室内の化学物質を分解除去するなど、8つの優れた効果を発揮します。

ReNの4つの資材

抗酸化作用の塗料や珪藻土を壁に塗ったり、抗酸化ウォーターを天井や壁に吹き付けたり。

ReNの4つの資材を使うことで室内の空気環境を大幅に改善出来ます。

新築・リフォームどちらでも施工可能、ビニールクロスの上にも施工できます。

 

特にリフォームには最適!

 

これで空気はきれいになります!

 

ReN(れん)の優れた効果

・化学物質分解  ・空気清浄効果  ・抗酸化効果  ・消臭効果

・断熱効果    ・防音効果    ・調湿効果   ・結露防止

 

商品構成

詳しくは商品構成ページをご覧ください

ReNウォーター空気クリーニング

住宅まるごとやご希望のお部屋やキッチンなどをReN(れん)ウォーターを使いきれいな空気に

ReN(れん)ネットでは、個人のお宅や商店、介護施設、病院などの空気環境を改善するため、「ReNウォーター空気クリーニング」を行っております。

 

ReN(れん)ウォーターを噴霧することで、有害化学物質を減衰させます。

※このサービスではホルムアルデヒドを施工前、施工後に測定し、もし国の指針値の0.08ppm以下にまで減衰していなかった場合は、指針値以下になるまで、責任をもって施工いたします。

 

ご興味のある方はこちらのページを御覧ください。

 

 

お問い合わせ
資料請求